×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

特許出願の国際特許事務所 東京

特許出願について大雑把に全体像を掴んで頂く事を目的にまとめています。

記事一覧

特許出願の仕方

特許出願の仕方は大きく分けて2つの方法があるようです。
それは、自分ですべての手続きを行う方法と、特許事務所に特許出願の代行をしてもらう方法です。
 
自分ですべての特許出願に関する手続きを行う場合には、コストを最小限に抑えることができます。
特許出願手続に関する費用は15000円程度です。
ただし自力ですべての特許出願の手続きを行う場合には、けっこうな労力を伴うということは覚悟しておいた方がいいでしょう。
 
特許に関する専門的な知識を持っていても独力で行うのは結構大変なようです。
ましてや、特許について素人の人は言わずもがなです。
 
またたとえ特許出願を自力で行うことができたとしても、書類に不備が出てくるリスクが伴います。
もしその不備を修正することができなかった場合には、特許出願の内容以前に審査ではじかれてしまう恐れがあるようです。
 
特許出願の仕方として特許事務所で特許出願の手続きを代行してもらった場合には、特許出願の手続き上の不備の心配をする必要はありません。
また複雑な手続きであってもすべて特許事務所が代行をしてくれますから、出願人の労力は必要ありません。
ただしコスト面では、けっこうな出費を覚悟する必要があります。
 
特許事務所によって費用はまちまちのようですが、それでも最低20~30万円程度はかかるのが一般的のようです。
 
ここからは、私の意見ですが、基本的に特許出願は国際特許事務所等の代行サービスに任せたほうが良いと思います。
実際自分で、特許出願の知識やスキルを身につけるのには、人生で一番貴重な「時間」を投下せねばなりません。
「時間」が掛かるということは表現を変えると、貴方自身の人件費が掛かっているという事です。
 
特許出願をし、発明を権利化するまでに必要な一連の特許出願能力を身に付けるのに、20~30万円の人件費で足りるでしょうか?
20~30万で人権費では、まず足りないでしょう。
 
貴方が今後、数十回・数百回と特許出願をする事が出来る程の発明の天才ならば、セルフ特許出願もありです。
毎度、国際特許事務所に代行手数料を払うより安上がりとなるでしょう。
 
しかし、たいていの発明家には、特許出願に値するほどの発明など数十回・数百回と出来るようなものではないでしょう。
であれば、数回の発明の権利化の為に、貴重な貴方の時間を膨大に割いて特許出願能力を高めずとも良いのではないでしょうか?
 
特許出願能力を高めるために費やす時間を、貴方の本業に回せば数百万は軽く稼げるはずです。
たかだか、20~30万の出費を惜しんでも仕方ないでしょう。
 
「何でもセルフでやる人や企業は、豊かにはなれないし、成功出来ない」。
これが私の持論であります。
 
費用対効果、時間対効果を意識し、任せたほうが利(メリット)があるものは、ドンドン外部に投げて任せる。
こういう考え方が、豊かになる考え方であると思います。
発明家にとっては、特許出願の仕方を知る事は重要ですが、すべてを自分でやる必要は無いと思います。


関連
おすすめ

SEO対策 Yahoo SEO対策 Google SEO対策 Bing SEO対策 SEO対策サービス 被リンク SEO対策 SEM SEO対策 SEM Google SEO対策 Bing SEO対策 ホームページ制作 ホームページ作成 ホームページSEO対策